Costa Rica

Yasal

Hibisucs · Tangerine · Clear

¥2,000

現在こちらの商品は在庫切れです。

入荷した際にお知らせをご希望の方は、下記のフォームにご記入ください。

▼「お届け日指定なし」を選択されたお客様
ご注文日より7日以内に発送いたします。

▼「お届け日指定あり」を選択されたお客様
ご注文日から8日以降のお届け希望日をショッピングカートページ「備考欄」へをご記入ください。

 

ヤサル

タラスのコーヒーを見事に表し、ハマイカ(ハイビスカス)のような酸味と複雑さがあり、そしてクリーンなコーヒーです。

内容量:200 g / Whole Bean
  • Bean Details
    Producer

    Emilio "Milo" & Laura Gamboa

    Country

    Costa Rica

    Region

    Ojo de Agua, Tarrazu

    Cultivar

    Villa Sarchi

    Process

    Wet-Process

    Elevation

    2050 - 2100 Meters

    Harvest

    December - April

    Tasting Notes

    Hibiscus, Tangerine, Clear

  • Farmlevel Story

    Farmlevel

    ガムボア家は1800年代からコーヒーを栽培してきましたが、Montes de Oroマイクロミルはは2006年からやっと稼働しています。現在、エミリオ “ミロ”とその妻ラウラ ガムボアは家族が持っている4つの農場と工場のすべての業務を監督しています。

    この農場の中で最も標高が高いのはフィンカ エル ヤサルで、1980年に農場がスタートし、当時はコーヒー農場ではなく牛舎でした。マイクロミル革命の勢いのおかげで、2010年にやっとガンボア家がコーヒーの生産に努力したことが結果に現れ、家族の最高標高の農場の一つであるだけでなく、タラス地域においても最も標高が高い農場となりました。

    現在、農場の50ヘクタールのうち5つだけがコーヒーを生産しており、熟練した選抜チームがコーヒーを選んだ後、モンテス デ オロのウェットミルで処理後、揚げ床で乾燥させます。

    Though the Gamboa family has been farming coffee since the 1800s, their Montes de Oro micro-mill has been in operation since just 2006. Today, Emilio “Milo” and his wife Laura Gamboa oversee all operations of the family’s four farms and mill.

    The highest of said farms, Finca El Yasal, was added to their quiver in 1980 at which time it was but a cattle farm. It wasn’t until 2010 (no doubt thanks to the momentum of the micro-mill revolution) when the Gamboas endeavored to plant coffee on what would become - not only one of the family’s highest-elevation farms - but among the highest in all of the Tarrazu region.

    Today just 5 of the farm’s 50 hectares is producing coffee which, after being picked by their well-trained team of pickers is taken to the Montes de Oro wet-mill for processing and raised-bed drying.

 Download Bean Bio

Enjoy Yasal With