Colombia

Edilberto Vergara

Hibiscus · Pomelo · Sugar Cane

¥2,000

現在こちらの商品は在庫切れです。

入荷した際にお知らせをご希望の方は、下記のフォームにご記入ください。

▼「お届け日指定なし」を選択されたお客様
ご注文日より7日以内に発送いたします。

▼「お届け日指定あり」を選択されたお客様
ご注文日から8日以降のお届け希望日をショッピングカートページ「備考欄」へをご記入ください。

サブスクリプションシステムで
旬のコーヒーを定期的にお届けします。 

詳細はこちら:サブスクリプションページ

エディルベルト ヴェルガラ

キュッとしたハイビスカスの香りがある酸から始まり、冷めていくにつれグレープフルーツのようなシトラス感があり、カップ全体は甘さのある層が続きます。
内容量:200 g / Whole Bean
  • Bean Details
    Producer

    Edilberto Vergara and Family

    Country

    Colombia

    Region

    Huila

    Cultivar

    Castillo

    Process

    Washed-Process

    Elevation

    1600-1750 Meters

    Harvest

    May - August

    Tasting Notes

    Hibiscus, Pomelo, Sugar Cane

  • Farmlevel Story

    Farmlevel

    30年前、エディベルト・ベルガラ(Edilberto Vergara)と亡き妻ヌビア・ヘノク(Nubia Henoc)は、アチェヴェド(Acevedo)の自治体であるフイラ(Huila)に移住しました。ドン・エディベルト(Don Edilberto)とドゥーニャ・ヌビア(Doña Nubia)はともにコーヒーを生産する家庭の出身です。今日では、ドン・エディベルトは彼の息子、カルロスとジョアンの2人助けを借りて16ヘクタールの土地で数種類のコーヒーを栽培しています。サン・イシドロのヴェレダに位置するラス・フローレスは標高1,600~1,750mの間に位置しており、緑豊かな深い谷の上に宙に浮いているように見えます。黄色い土の急勾配の私道の突き当たりに位置するヴェルガラ家の屋根は、正確にはカサ・エルバ式の乾燥システムです。ラス・フローレスは、実際にはヴェルガラが所有している二つの農園のうちの一つです。

    ヴェルガラ家のもう一つは谷間の低い場所にあり、若いピンク・ブルボンが竹林の隣に植えられています。2つ目の土地では、スペシャルティコーヒーではないコーヒーも生産しています。現在ラス・フローレスにはピンク・ブルボンの他、タビ、カスティージョ、カトゥーラ、マラカトゥーラ、ジャワ、カティモールなどの品種が栽培されています。このマイクロロットは、エディベルト氏のカスティージョ種の豆で構成されています。収穫の最盛期には、ドン・エディベルト氏は18人のピッカーを雇い、大変な反面重要なチェリーの収穫作業を行っています。ほとんどの労働者は近隣のベレダから来ていますが、ナリニョやカウカのコーヒー生産地から来る熟練のピッカーも増えてきています。完熟度が最高の状態で摘まれたチェリーは、ケーブルカーで運ばれ、48時間そのままの状態で保管されます。その後チェリーはデパルプされさらに48時間乾燥発酵され、最終的に洗浄後15日間乾燥されます。

    Thirty years ago, Edilberto Vergara and his late wife Nubia Henoc moved to Huila specifically to the municipality of Acevedo. Both Don Edilberto and Doña Nubia came from coffee-producing families . Today, Don Edilberto grows several kinds of coffee on 16 hectares with the help of two of his sons, Carlos and Jhoan. Located in the vereda of San Isidro, Las Flores sits between 1,600 and 1,750 m.a.s.l. The property seems to be suspended in the air, above several deep, verdant valleys. Located at the end of a steep, yellow dirt driveway, the Vergara home, the roof to be exact, is a Casa Elba-style drying system. Las Flores is in fact one of two fincas owned by the Vergaras. The other sits lower in the valley, across from a young Pink Bourbon lot, next to a
    bamboo grove. At the second property, the family also produces coffee, just not specialty coffee. Today, Las Flores is home to Pink Bourbon trees as well as the Tabi, Castillo, Caturra, Maracaturra, Java and Catimor varieties. This microlot is made up of Edilberto’s Castillo beans. During the height of the harvest, Don Edilberto hires 18 pickers to carry out the tedious but crucial cherry collection. Most of the workers come from neighboring veredas, but he has seen an increase in skilled pickers arriving from the coffee-producing departments of Nariño and Cauca. After the coffee is picked at its absolute peak level of ripeness, they are brought up by cable car, and remain intact for 48 hours. The cherry was then de-pulped and dry fermented for an additional 48 hours. Finally, the coffee is washed and put out to dry for 15 days.

Enjoy Edilberto Vergara With